日常の生活に役立つ情報ブログ【ちょもずあんてな】

ちょも'ずあんな。僕のアンテナにたまたま引っかかった、おもしろネタやお役立ちネタを共有します。

【不登校・引きこもり】勉強する意欲のある子どもの学力を上げるためにできること

      2016/03/05


これはイメージです。F君ではありません...

これはイメージです。F君ではありません…


僕の親戚のお子さんで中学2年生の男の子がいるのですが、ここ半年くらい不登校で学校にほとんど行っていません。仮に、彼の名前をF君とします。F君が不登校になった原因は部活動でのいじめがエスカレートし、言葉の暴力や身体的な暴力を毎日受けるようになったことだと聞いています。最初はちょっとだけ休んで復帰するつもりだったのが、学校という場に恐怖を感じてどうしても行くことができなくなってしまったそうです。
でも、僕は彼と会って色々話をしましたが、いじめが原因で人間不信・人間関係への不安は持ってしまったものの、将来は教師になりたいという夢を持っており、勉強への意欲はとてもあるんです。そんな彼が最近はじめた学習スタイルが「なるほど!」と思えたのでご紹介したいと思います。

オンラインの家庭教師で人に会わず、人から勉強を教えてもらえる

本来勉強は学校でするもの。でも学校に行けない。かと言って、人付き合いが苦手になってしまっているので塾に通ったり、家庭教師を呼んだりするのも現実的ではない。このように、勉強の意欲はあるものの、他人と関わる場に出ていくことができないお子様の学力を上げるためにどうしたらよいか悩む親はけっこう多いと思います。

ネットという“ワンクッション”挟んだコミュニケーション

今はインターネットを介して勉強を教えてもらえる「オンライン家庭教師」という選択肢があります。冒頭にお話ししたF君は今、大学4年生の男性が先生についてもらいネットを通じて勉強を教えてもらっているそうです。彼の親が勧めたものだったので最初は抵抗感もあったそうですが、しぶしぶ始めてみると、ほどよい距離感を保ちつつ、勉強でわからないところは気軽に質問できるし丁寧に教えてくれるので、難題を解けた時の達成感が心地よく前向きに取り組めるようになったとのこと。その時には出てこなかった質問も、後でメールでやりとりすることも可能だそう。
◎オンライン家庭教師の詳細はこちら⇒オンライン家庭講師「家庭ネット」

独学(自習)ではだめなのか?

勉強に意欲があれば、独学で参考書や教科書を元に自習で学力をあげていく方法もあるかもしれません。ただ、F君の母親いわく「自習だと、得意な科目の勉強に偏りが出て、苦手な教科が置き去りになってしまう」という不安があったとのこと。なるほど、その可能性はありますね。自分に負荷をかけて、苦手なことにも果敢にチャレンジしていくような子であればいいですけど、人間はたいがい楽な方へ逃げたくなる生き物ですもんね。自習は限界があるかもしれません。

これは僕個人的な意見ですが、オンラインの家庭教師ってそもそもそういう人間関係の問題などで塾などに通うことができない子を対象にサービスが組まれているので、先生もそれを理解した上で接してくれるというメリットがあるかもしれませんね。自己主張ができない子でも、家庭教師なら1対1だから一般の授業のように、わからないことがあっても置き去りにされるようなこともないでしょう。
とは言え、F君のように最初は抵抗を感じる子いると思います。どのような流れで授業が進んでいくのか、まず資料請求して確認したり、無料体験制度を利用して、自分の子供に合うかどうか試してみる期間を設けてみると良いと思います。
▼資料請求、無料体験も申し込めるオンライン家庭教師です!(対象:小学生~高校生)



スポンサーリンク

不登校・引きこもり

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  この記事を読んだ人が他に読んだ記事

関連記事はありませんでした