日常の生活に役立つ情報ブログ【ちょもずあんてな】

ちょも'ずあんな。僕のアンテナにたまたま引っかかった、おもしろネタやお役立ちネタを共有します。

【今日は何の日?】11月5日は『津波防災の日』

      2016/02/07


11月5日を津波防災の日とした由来は、>気象庁によると11月5日は、江戸時代(1854年)に中部地方から九州地方の太平洋沿岸に大きな津波被害をもたらし、『稲むらの火』のモデルにもなった安政南海地震の発生した日(嘉永7年11月5日)。『稲むらの火』はこの安政南海地震の時に、紀伊国広村で濱口梧陵が稲藁に火をつけて津波の襲来を知らせ村人を避難させたという実話を元にした物語である。
(参考)津波防災ひろめ隊サイト

なぜ、東日本大震災の3月11日にしなかったか?

当初は東日本大震災が発生した3月11日を記念日とする案も出ていたが、震災で被害を受けた被災者の心情を考慮して11月5日になった。

【お役立ち記事】
【無料】Googleの「災害情報マップ」が地震・津波・気象情報チェックに便利!避難所の場所も探せる。




スポンサーリンク

今日は何の日?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  この記事を読んだ人が他に読んだ記事

【今日は何の日?】11月3日はゴジラの誕生日!

東宝の名作怪獣映画「ゴジラ」の第1作目が封切られたのは、1954(昭和29)年の …