日常の生活に役立つ情報ブログ【ちょもずあんてな】

ちょも'ずあんな。僕のアンテナにたまたま引っかかった、おもしろネタやお役立ちネタを共有します。

三味線の未来はどうなる!?張替え材料となる犬皮の輸入がストップ。

      2015/10/12


shamisen01長らく三味線をされている方は「今さら」話かもしれませんが、三味線の本体部分で使われているのは犬の皮。そうです、あのイヌです。もちろん、安い三味線は人工皮革だったりプラスチックのような素材だったりしますが。その犬の皮の輸入がストップしたと言うことで、三味線愛好家の中ではちょっとした騒動になっています。

イヌの皮は、タイから輸入

「日本の伝統的な楽器」というイメージの強い三味線ですが、音の要となるボディの犬皮はタイから輸入していました。
それがこの度、動物愛護団体の働きかけやら政治的な絡みやら、とにかく輸入が完全ストップしてしまったのです。

「このままでは年内には皮の在庫が無くなってしまうようです。その先はどうしていったらいいのやら」

と、大阪のとある三味線の先生がおっしゃっていました。

一方で、中国産の犬皮が流通するようになるだろう、と言う声もあります。価格はだいぶ急騰してますけどね。また、オーストラリアのカンガルーの皮も代替品として有力とも言われています。

いずれにしても、動物の皮に違いありません。動物愛護団体もどう動いて来るのでしょうか。

日本の伝統楽器 三味線の動向が気になるところです。


スポンサーリンク

事件・事故, 音楽

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  この記事を読んだ人が他に読んだ記事

★おすすめランキング★ライブ・コンサート応援用カラフルペンライト・サイリウムライト ベスト5

ライブ・コンサート・イベントなどでペンライトやサイリウムライトを持参して熱烈に応 …